<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

1月27日 篆刻研修会

1月26日・27日と篆刻の研修会に出ました。26日の夜は「海紅豆」で懇親会でした。料理も新鮮で美味しかったでーす。ビールを少し食前酒のつもりでひやひやしながら飲みました。夕方で富士山が見えました。少々ピンボケですが載せてみました。
今日は9時からの研修会だったので早起きをして庭に出てみると霜柱が立っていました。
[PR]
by terukot1 | 2006-01-27 14:32 | その他

1月24日    寒い!  ツララ が・・・



今日は寒い日になりました。昨夜から冷え込んで、朝庭に出てみると隣家の暖房の廃管にツララが下がっていました。氷もはっていました。


今日も夕方になって海岸へ行って見ました。今日はカメラを持った先客がいらっしゃいました。
[PR]
by terukot1 | 2006-01-24 13:31 | 写真

1月23日    写真コンテストに入賞!

このほど第13回「私の腕自慢」2005フォトコンテストに応募していましたが「佳作」で入賞の通知が来ました。富士フイルムイメージング株式会社より図書カード500円3枚いただきました。写真屋さんに賞品をいただきに行った帰り、こんな光景にあいました。作品は「青春の香り」ですがフォトギャラリーに入れてありますから見てください。



夕日がきれいで富士山が出ていました。
[PR]
by terukot1 | 2006-01-24 13:10 | 写真

1月21日 驚異の一秒

昨日TBSテレビで「一秒の世界」をを見ました。見られないといけないので、ビデオにとりまた見直しました。最近いやなニュースが飛び交う中で、心の休まる特集に出会え・・・昨夜は久しぶりにぐっすりと寝られました。
見たこともない映像もあり「アイスマン」 「蚊などの飛翔」 「血管のメカニズム」 「動物の絶滅」など・・・ビデオにとってもほとんど見直すことがないのに、この番組はまた見てしまいました。関係者の努力だと思います。



冷蔵庫に眠っていた明太子をつかい白滝にからませてみました。胡麻をふりかけ・・・。主人はコレステロール値が高いのであまり奨められません。

雨の日の蝋梅をパチリ。
今日は小塚の初大師なのですが、こちらは雨で行けそうにありません。

「照子の部屋」もよ・ろ・し・く  やっとトップページだけ書き換えました。いまニュースのコーナーを書き換え中ですからまた見てください。
 
[PR]
by terukot1 | 2006-01-21 11:24 | その他

1月20日   20日正月・骨正月・団子正月

俳句の歳時記によると今日は骨正月とも言われています。お正月用の魚を食べてしまって残った骨で最後のご馳走を作りこ・・・この日をもってお正月気分から抜けて普通の暮らしになるといわれています。

我が家でも甘露煮のわかさぎなど冷蔵庫の中に眠っているものを出して食していますよ。
今日の房日新聞でもカルシュウム摂取・蓄積には、日光浴も必要といっています。

暖かい日は私もそろそろ外出しようかなぁーと思っているのですが・・・。
今日は、昼食にうどんにお餅を入れて食しましたが、いま主人が血糖値が上がって、カロリー計算をしながらの食事ですから、二人で粗食に耐えていまーす。


変わり椿が咲きました。蝋梅もさ庭によい香りを漂わせてくれています。

[PR]
by terukot1 | 2006-01-20 14:13 | グルメ

1月15日    小正月・女正月・小豆粥

お飾りを焚いて、灰を家屋敷の周りにまきます。また小豆粥を炊いていただくのですが、七草粥に比べ味がいまいちだったのでそれ以来お雑煮にしていましたが、古代米・南瓜があっので新メニューのお粥を炊きました。・・ご飯に炊くと赤くなるのにお粥ですと変な色になりました。味もいまいち・・・人気なしでがっかりでした。








我が家の蝋梅が咲きました。主人の丹精が実り花をいっぱいつけたのですが、撮影には苦労の位置でーす。











昨日の夕食は特製和風ロールキャベツでした。私はキャベツだけをぐるぐる巻いて・・・。
[PR]
by terukot1 | 2006-01-15 13:58 | グルメ

1月11日 鏡開き

お正月に歳神に供へ飾った「鏡餅・・・おそなへ」をさげて祝い食べることを「鏡開き」というそうで、我が家ではお雑煮にしたりお汁粉に入れていただきます。いつもは小豆からで作りますが今年は「あん」がスーパー売っていたので、買ってきて作ってみましたが、甘みが強て・・・・。
でも行事の一つとして、遂行することが出来ました。 



★以前に「館山からの富士」で入賞しました写真が、今JR館山駅の市民ギャラリーに展示されていますから、見てください。子供たちの絵と一緒です。1月16日までです。
真ん中の写真が私の写真でーす。

                     おやおやイチゴ
                 先日いただいたイチゴの中にこんなイチゴがありました。

[PR]
by terukot1 | 2006-01-12 16:11 | グルメ

1月7日    七草粥

早いもので今日は七種(ななくさ)、俳句の歳時記によれば正月七日に七種類の若菜をあつものにして食べると万病を防ぐとされ、平安時代から始まったとされています。春の七草・・・せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ・これぞ七種といっています。

「君がため 春の野にいで 若菜つむ わがころもでは 露にぬれつつ」・・・
お正月のうちに摘んでお粥にすれば効き目があるとされています。

私は摘みに行けなかったので、市販のものをいれました。「せり・なずな(菜花)・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)・三つ葉を入れました。3種類以上を入れると効果があるとされていますから・・・。


作り方ですが、まず草をたたきます。「七種なずな、唐土の鳥が日本の土地に、渡らぬ先に ストトン・ストトン・ストトントン」と大きな声でまな板の上でたたいて細かくします。これが「邪気をはらう」ということです。

お雑煮ようのお餅を半分に切って、塩水につけておきます。
お米をといでたっぷりの水にひやしておきます。火にかけて普通のお粥の半煮えの時にお餅を入れてかき混ぜながらとろとろと炊き、出来上がりにお塩少々と叩いて置いた七種を入れて出来上がりです。薬味に削り節に醤油を少々かけてとか梅干、お節の残りなどでいただくと美味しいでーす。

関連記事・・・老春の雑記帖をご覧ください。

[PR]
by terukot1 | 2006-01-08 11:33 | グルメ

1月5日  黒米・赤米

皆さんに励ましのお言葉をいただいてありがとうございます。まだ本当ではないので恐る恐るの書き込みでーす。おせち料理もお正月のしたくも何とか・・・大晦日に次男夫婦が泊りがけで応援に駆けつけてくれて主人の手回しのよさに・・・
また長男一家も元旦に集いにぎやかなお正月を迎えることが出来ました。感謝・かんしゃ・です。
次男のお嫁さんの実家からお土産に古代米をいただいたので早速炊いてみました。










うるち2合・もち米1合・古代米の黒米大匙一杯をといでお塩を少々入れて炊きました。
水加減は3合ぶんの普通でいいです。

お赤飯風で口当たりもよく美味しかったです。

[PR]
by terukot1 | 2006-01-05 13:11 | グルメ

あけまして・・・・。

長らくご無沙汰いたしましてすみませんでした。ようやく少しずつ元気を取り戻してきました。
浦島太郎の心境でーす。今年は少しずつ骨の有るものを・・・・と思って犬を刻くしてみました。


ホームページの書き換えはまた゛無理のようです。
[PR]
by terukot1 | 2006-01-02 16:43