6月26日  古河篆刻美術館へ・ホテル山水で昼食

c0067508_23282992.jpg
今日は第二回日本篆刻家協会役員展記念・研究会に出席のためバスをかりきって古河篆刻美術館に行きました。行きは雨にもあわず渋滞もなく予定通り目的地に着く事ができました。
お昼は研修会会場のホテル山水で食事をしてから篆刻美術館で開会の山下会長・来賓の挨拶そしてテープカットなど行われました。
次にまた山水に戻り尾崎副理事長の江戸時代の篆刻についての講演・印譜集・掛け軸・印などの実物を展示しての 篆刻家「高芙蓉」について詳しく講演され、とても有意義でした。
またその後で会員の持ち寄った印稿の添削に移りました。今回は4人の先生がたが担当でした。展示会場では館山代表の多田稔里先生の作品も展示してありました。
私は側款の技法をマスターしたくて、各先生方の作品に特に魅力を覚えました。
ホテル山水の玄関の所に夏椿やびじょう柳が咲いていました。029.gif

決勝T1回戦 ウルグアイ対韓国は前半1-0でウルグアイがリード



c0067508_2330360.jpgc0067508_2330283.jpg

















テープカットが行われました。そして各先生方の作品を拝見しました。018.gif


c0067508_23305776.jpgc0067508_23312213.jpg




















側款もすばらしくて・・・。
先生方のご芳名・・・まず山下理事長・つぎに尾崎副理事長、出品者が次々と・・・・
すばらしかったです。


c0067508_23332332.jpgc0067508_23334180.jpg




















市川両遷先生の名司会でした。尾崎副理事長の講演が始まりました。


c0067508_2340890.jpgc0067508_23343493.jpg

















高芙蓉の刻したものの中から草かんむりの違いについてわかりやすく・・・。これから刻くしていくのに大いに参考になります。038.gif


c0067508_23363942.jpgc0067508_2334164.jpg

















多田龍淵先生と多田稔里先生。私は多田龍淵先生の添削でした。篆刻の競刻誌「楽篆」で度々添削例に取り上げていただいていた真鍋井蛙先生に初めてお目にかかれて嬉しく思いました。003.gif


c0067508_2354841.jpg

c0067508_23403493.jpg

私たちは懇親会は失礼して・・・帰りがけにやました理事長と記念に撮ってもらいました。
ホテルの食事は1050円でコーヒー付きでおいしかったです。

いろいろ勉強ができて・・・蓮田インターでさつま揚げを買いました。
帰りのバスからスカイツリー・観覧車に灯りが付き始めました。海ほたるでたぬき蕎麦を食べました。平日は午後6時で閉店だそうですが土曜日は8時まで営業しているので食べられました。
主人は写真クラブに行き留守でしたので帰ってからさつま揚げと筍の煮物とお新香で。068.gif



c0067508_23561230.jpgc0067508_23563832.jpg  




c0067508_23415637.jpgc0067508_23422816.jpg




c0067508_2341262.jpgc0067508_2341189.jpg

[PR]
by terukot1 | 2010-06-26 23:31 | グルメ
<< 6月27日   桜コンクール入... 6月25日   サッカー決勝戦... >>